自分らしさを追求する【意識高い系女子のための】ライフスタイルメディア
  1. TOP
  2. 縄跳びダイエットのやり方や痩せる部位、感想まで…アレコレをズバッと紹介!

縄跳びダイエットのやり方や痩せる部位、感想まで…アレコレをズバッと紹介!

 2018/05/02 エクササイズ ダイエット
この記事は約 20 分で読めます。 392 Views

みなさんこんにちは!
CROTHO編集局コナカです!

みなさんは【縄跳びダイエット】って知っていますか?
その名の通り毎日縄跳びを跳ぶダイエットです。

「縄跳びは有酸素運動であり、全身運動なので痩せる」
そう記載されているサイトもたくさんあり、興味がある方も多いのではないでしょうか?
また、運動が苦手な方でも、「縄跳びならできそう」と思う方も多いかと思います。
そして、実際どのくらい痩せるのか気になりますよね!

今回は縄跳びダイエットの
・やり方
・どの部位が痩せるのか
・準備するもの
・縄跳びダイエットの口コミ
・注意点
・実際に私がチャレンジしてみた結果
など、アレコレ詳しく説明していきたいと思います!

縄跳びダイエットとは?

縄跳びダイエットとは前跳びで
3分縄跳び、1分休憩
3分縄跳び、1分休憩
3分縄跳び

という運動が基本の運動となります。

日常的に運動をされていない方や縄跳びが苦手な方、体力に自信が無い方は、まずはこの基本に慣れることから始めてください。

慣れてきたら時間を長くしたり、前跳びだけではなく駆け足跳びや、両腕を胸の前でクロスさせて跳ぶあや跳びなどを取り入れてみるなど、自分の体力と相談しながら運動時間や跳び方を変え、運動量を増やしていきましょう。
そうすることで、よりダイエット効果が期待できます。

縄跳びダイエットでどこが痩せるの?

みなさんが気になるのはまず縄跳びダイエットでどの部位が痩せるのか…ということではないでしょうか?

縄跳びは全身運動になるので、なんと体全体を引き締めてくれる効果があります!

中でも太もも、お尻周り、ふくらはぎなどの下半身を引き締めてくれますので、下半身の脂肪が気になる方にはかなりオススメです。

もちろん縄跳びは腕を回すため二の腕を引き締めることにも効果があり、腕をよく動かす跳び方をすればどんどん細くなっていくでしょう。

そしてずっと同じ場所でジャンプしながらバランスをとらなければならない為、腹筋や背筋、更にはインナーマッスルも鍛えられます。

縄跳びダイエットは継続することにより、様々な部位の痩身効果があるといえるでしょう。

Check!インナーマッスルってなに?

お腹痩せの近道はインナーマッスルを鍛えることだった!
インナーマッスルのことが詳しく載っています。
気になる方はこちらもチェックしてみてください!

気になるお腹ダイエット!近道の秘訣は腹筋のインナーマッスルにあり!

縄跳びダイエットに必要なアイテム

縄跳び

縄跳びダイエットですので、まずは縄跳びを用意しましょう。
縄跳びは100均でも販売されており、安価で購入することができます。

様々な縄跳びが販売されていますが、中でも縄跳びダイエットをするのにオススメの縄跳びがあります。
それはビニール製の物か、ビーズロープの物です。
こういった縄跳びは長時間跳ぶことを意識して作られているため、連続して跳びやすくなっています。

中には持ち手の部分がスポンジになっていて手にフィットしやすく持ちやすい物や、手汗をかいてもツルっと滑りにくい物、ベアリングがついていて縄を回しやすい物などもあります。

Amazonや楽天などのネットショップだと、種類もメーカーも豊富な為、自分に合った縄跳びがきっと見つかるでしょう。
もちろんスポーツ用品店などでも種類は少なめですが、販売されています。

縄跳びを購入する際に、注意点があります。
それは、縄跳びによってはアスファルトで使うのに適さない物があるということです。
購入する際は縄の長さや持ち手部分だけではなく、そういった点もしっかり確認するようにしましょう。

重いロープ製の縄跳びは腕や肩などに負荷がかかり鍛えられるため、痩身効果があります。
腕や肩の痩身をしたい方には良いですが、その分疲れやすいため、初心者や普段運動をしていない方にはあまりオススメできません。
縄跳び上級者になってから、ロープ製の縄跳びを取り入れてみるのが良いでしょう。

Check!!人気のある縄跳びとは…

①絡まりにくいもの
縄跳びを使い終わった後、どうやって片付けますか?
くくって短くし、片付ける方が多いのではないでしょうか?
そして、次に使おうと縄をほどいたら、なぜがぐちゃぐちゃに絡まってしまった…そんな経験をしたことはありませんか?
地味にストレスになる「縄の絡まり」を防ぐため、絡まりにくい縄跳びが人気です!

②持ち手がスポンジのもの
上記にも書きましたが、縄跳びをしていると手汗で、跳んでいる最中に持ち手がスルッと抜けてしまうことがあります。
そんなときはプラスチックで持ち手ができている縄跳びよりも、持ち手がスポンジになっている縄跳びのほうが手にしっかりフィットするため掴みやすく、手汗をかいても滑りにくくなっているため、人気があります。

③回数をカウントしてくれるもの
1回跳ぶ毎にカウントしてくれる縄跳びも人気があります。
数字が目に見える為、今日は〇回跳ぼう!と回数の目標を決めることもできます。
「1分間で何回跳んだのか」など詳しく分かるので、ペースアップやペースダウンの指標となるでしょう。

④カロリー計算してくれるもの
最近では持ち手の部分にカロリー計算をして表示してくれるものもあります。
どのくらいのカロリーを消費したのかが分かる為、モチベーションのアップが期待できます。

⑤エア縄跳び
持ち手部分に縄が付いておらず、代わりに重りがついている縄跳びです。
重りのおかげで縄跳びのように回した感覚があります。
縄を実際に跳ぶわけではないので、ひっかかったり、縄が絡まったりすることがありません。

室内で縄跳びが出来る為、誰かに見られたくない方や近くに跳ぶ場所が無い方など様々な方に人気があります。
ただ縄跳びですので、室内でもジャンプしないと縄跳びと同様の効果はありません。

ただマンションや集合住宅にお住いの方は、エア縄跳びをする際は注意が必要です。
室内でジャンプすると下の階層に響き、トラブルの原因になります。
そのためジャンプをしても下に響きにくい衝撃吸収マットが別途必要になるかもしれません。

バストの下垂を防ぐ、ブラジャー

女性の方で筋トレやエクササイズをするときにブラジャーを外して行う方もいらっしゃいますが、縄跳びの際は胸をしっかりホールドしてくれるブラジャーが必須です。

その理由は、胸にはクーパー靱帯という筋があり、それによりバストが垂れないようになっているのですが、胸が上下に大きく揺れる激しい運動をするとクーパー靱帯が伸びたり切れてしまったりするからです。

一度伸びてしまったクーパー靭帯を元に戻すことは難しく、さらに切れてしまった場合は二度と修復しないため、縄跳びをやめても元通りにはなることはありません。

それを避けるために、縄跳びをするときは胸をしっかりホールドして胸が大きく揺れないようにしてくれるブラジャーを付けることが必須だと言えます。

スポーツ用品メーカーが販売しているスポーツブラはホールド力がしっかりしているものが多く、縄跳びなどの激しい運動の際に適しています。

形が似ているため勘違いをしてしまう方もおられますが、就寝時に付けるナイトブラは、スポーツブラとはまったく効能が違い、胸をホールドする機能はありません。
運動時に楽だからと付けるのは止めましょう!

Check!!人気のスポーツブラとは…

①ストラップ
運動をするとどうしても肩のストラップがずれ落ちてきてしまうことがあります。
そうならない為に、ストラップがズレ落ちにくいものが多くの女性から選ばれています。
スポーツブラは比較的ずれにくい設計がしてありますが、肩ひもの細さやデザインなど様々ありますので、自分に合った物を見つけてみましょう。

②動きやすいデザイン
腕をクロスさせたり、伸ばしたり、曲げたり…腕をよく動かす為、動きやすいカッティングになっているものが人気です!
脇高でバストの横流れを防ぐサポート力があるスポーツブラも人気のデザイン一つです!
激しく動いでもしっかりとフィットしてくれるので安心して動けるでしょう。

③吸水性&肌触り
肌に直接触れるため、吸水性や肌触りも重要です。
運動をすると汗をかくため、ペタッと張り付いてしまうのが気になってしまったり、汗で濡れた部分が冷たく感じて不快感があったりすると、そっちに意識がいってしまい運動どころではなくなるかもしれません。
そういったことを防ぐため、吸水性と肌触りは重要だといえるでしょう。

脚への負担を減らすスニーカー

縄跳びは連続でジャンプをするため脚全体…特に足首とふくらはぎに負担がかかります。
無理をしてしまうと捻挫や骨折などの危険があるため、脚に負担がかかりにくいスポーツ用のクッション性のあるスニーカーをオススメします。

私はそれを知らず何度か普通のスニーカーで縄跳びを行ったことがあるのですが、脚への負担がすごく、終わったときの脚の疲労感がスポーツ用スニーカーと比べ全く違いました。

スポーツ用のシューズは運動で使用することを前提に作られていますが、普通のスニーカーはファッション性を重視して作られているものが多く、そういったシューズで運動をすると大変危険です。

ケガをしてダイエットを中断しなくてはならなくなってしまうと、せっかく「ダイエットするぞ!」というモチベーションもダウンしてしまうかもしれません。
そうならない為にも、スポーツ用のクッション性のあるスニーカーは必須だといえるでしょう。

Check!縄跳びに向いたシューズの選び方

①靴の横幅
横幅が広いシューズは縄が引っ掛かりやすいため、なるべく横幅は狭めのシューズを選ぶようにしましょう。

②靴底
縄は足の下を通る為、あまりデコボコしていないシューズが良いでしょう。
デコボコしているとその部分に縄が引っ掛かってしまうことがあります。

③クッション性
縄跳びは連続してジャンプをします。
そのため、ジャンプしたときに脚がなるべく疲れないよう、クッション性が高いシューズを選びましょう。
ランニング用シューズや、トレーニング用シューズは縄跳びに向いていますので、1度チェックしてみるもの良いでしょう。

インターネットやスポーツ用品には、スポーツインソールという物があり、ジャンプスポーツ用のインソールや、衝撃を吸収してくれるインソールも販売されています。
シューズはどうしても高価で購入に躊躇してしまう方はスポーツインソールを検討してみるのも良いでしょう。

縄跳びダイエットの注意点

縄跳びダイエットをするタイミング

せっかく縄跳びをするならば効率良いタイミングで行いたいですよね。
縄跳びダイエットを行うベストタイミングは朝がオススメです。
理由は、朝運動をすると1日中代謝よく過ごせるからです。
しかし朝は何かと忙しく、運動する時間が取りづらい時間帯でもあります。

さらに空腹時や満腹時に運動をしてしまうと、体に負担がかかってしまうため、運動は食事をした2時間が良いとされています。
つまり朝縄跳びをするならば朝食を食べた後2時間ほどゆっくり過ごし、その後跳ぶのがベストいうことになります。

そういったことから、朝に縄跳びをすることは難しく、大半の方が仕事や学校、家事が一段落した夕方から夜にかけて…ということになるのではないでしょうか?
運動でのダイエットは無理なく継続できるタイミングを見付けなくてはなりません。
効率にこだわりすぎると縄跳びダイエットを続けることに対しストレスが溜まりしんどくなってしまいます。

もし縄跳びをする時間を夜にしか取れない場合は、寝る直前は避け、夕食をとった2時間後に行うようにしましょう。

準備運動

普段から運動をしない方の筋肉は硬く固まってしまっており、思うように動かないため、運動のパフォーマンスが悪くなっています。
しかし、硬い筋肉は準備運動をすることによりほぐれます。
さらに縄跳びダイエットはアキレス腱などをよく使うため、準備運動で普段は使わない腱を伸ばしてあげることがとても大切です。

準備運動をすることでケガの予防になりますので、
「面倒くさいなぁ」「してもしなくても一緒じゃない?」
なんて思わず、しっかり行ってください。

なるべく柔らかい地面で

コンクリートやアスファルトなどの硬い地面の上で縄跳びを行ってしまうと、ジャンプの着地の度に脚へ負担がかかり、膝や足首を痛める恐れがあります。

縄跳びはどこにでも手軽に持ち運びができますので、公園やグラウンドなど地面が土でできているような場所で縄跳びをするようにしましょう。
そうすることにより、着地時に受ける下半身への負担も少なくなり、膝や足首を痛めることもリスクも減るでしょう。

運動後にはクールダウンを

運動後、しんどくて体を動かすことをすぐに止めてしまいがちですが、体の為には運動後のケアがとても大切です。

縄跳びを終えた後は心拍数が上がった状態です。
通常の心拍数になるまで、ゆっくりと縄跳びを続け、通常の心拍数に戻したり、ウォーキングをしてみたり、軽い有酸素運動を約3分~10分程度行いましょう。
そうすることにより、体の隅々にまで酸素を取り込み乳酸の分解や、硬くなった筋肉をほぐすことに繋がります。

心拍数が戻ったら有酸素運動を止め、次はストレッチをして筋肉や腱(けん)を伸ばしてあげることも疲労回復には効果的です。
縄跳びにより負荷がかかった部分はいつもの状態より硬くなっています。
反動をつけず、各部位30秒~2分程で大丈夫ですので、自分が気持ちいいと思える強度でストレッチしましょう。

外でストレッチをするのは難しい場合もありますので、公園で縄跳びした後、自宅までウォーキングをしながら帰り、クールダウンした後に自宅でストレッチをするといいかもしれませんね!

もし縄跳びをした後に筋肉が熱を持っていたら、それは炎症を起こしている可能性があります。
そういった場合は、そのままにせず冷やしてあげると炎症が治まり、筋肉痛の予防にもなります。
筋肉痛になると縄跳びを続けることがしんどくなってきてしまうため、アフターケアもしっかりしてあげましょう。

筋肉痛になったら

もし縄跳びダイエットで筋肉痛になってしまったら、無理をせずしっかりと休んでください。
筋肉痛になっている部位は、筋肉が炎症を起こしている状態です。
無理に運動を続けてしまうと筋肉痛が長引いたり、悪化して病院に…なんてことになってしまうかもしれません。

筋肉痛は約48時間~72時間ほど続き、長くなれば4日間ほど何もできない状態になってしまう場合もあります。
筋肉痛になってしまったときは、「縄跳びをしないといけない」と焦ることはありません。
自分のペースで長期間行うことがダイエットに繋がりますので「今は休憩するときだ」と思い、しっかりと休息しましょう。

もしどうしても何か運動をしたい場合は、筋肉痛になっていない部位なら動かしても大丈夫です。
縄跳びダイエットの場合、脚の筋肉痛ならば跳ばずに腕を回してみるなど、出来ることをやってみましょう。

筋肉痛は、普段筋肉をあまり使っていない部位を動かすことにより起こります。
筋肉痛にならない為には、普段から体を動かすことがとても大切です。
縄跳びをするときだけではなく、普段からストレッチや筋トレなどで体を動かし、筋肉を柔らかくしなやかにしておくと良いでしょう。

実際に縄跳びダイエットをした結果

私、コナカが一ヶ月間縄跳びダイエットをした結果です!
…結果から発表すると、1ヶ月間で体重は1.6キロ減りました!!

縦軸が体重 横軸が日数となります

体重の減り方ですが、1週間目の終わり頃から少しずつ減ってきました。
2週間目で一気に体重が減り、2週間目終わりごろからは増えては減ってを繰り返しながら推移していきます。

1ヶ月後、見た目に分かるほど体型は変わりませんでしたが、少しボトムスのウエスト部分に余裕ができた気がします。

縄跳びダイエットをした1ヶ月の間、野菜をいつもより多く摂るように心がけていましたが、いつもより食事の量を減らす食事制限はしていません。

それでこの結果だったので、とても満足しています。

私が使った縄跳びはCROTHOの縄跳びです。
持手の部分が滑り止めのスポンジ付きで柔らかく、握りやすくなっており、ベアリングがついているため、回しやすくてオススメです!

オススメの縄跳びはこちら!

縄跳びダイエットの感想

私の場合、運動という運動は縄跳びダイエットを行う前はしていませんでした。

通勤の為、自宅から駅まで自転車で約10分間走り、駅から職場までは約20分徒歩で向かいます。

駅ではなるべく階段を使うように心がけていますが、大した段数もありません。
勤務時間は5時間程度で、走り回ることはありませんが常に立ちっぱなしです。

その程度の運動量です。

初日から2週間目までは主にふくらはぎと二の腕の筋肉痛と疲労の連続でした。
3分間の縄跳びを3セット、簡単に見えて実はかなりハードです。

縄跳び自体は苦手では無かったので、
「合計9分間の縄跳びなんて余裕!」
と、始める前はとても簡単に考えていました。

初日、1セット目の前半は余裕でビュンビュン跳んでいましたが、後半になってくるとふくらはぎの疲労がすごく、思うように脚が上がりません。

脚が上がらないので、ひっかかってばかりで1分間の休憩になるころにはバテバテでした。

2セット目、3セット目は縄を回す速さを落とし、なんとかやりきりましたが、非常に疲れ、まだ3月下旬だったのに汗をかいたことを覚えています。

終わった後はすぐに行動できず、30分ほど座って放心状態でした。

縄跳びダイエットの基本運動(3分間×3回)を普通に跳べるようになったのは2週間を過ぎてからです。
筋肉もそうですが、何よりスタミナがつき、9分間の縄跳びが余裕とまではいきませんが普通にこなせるようになってきました。

これは新しい跳び方を取り入れるチャンス!と思い、あや跳び、後ろ跳びを少しずつ取り入れることにしました。
すると収まっていた二の腕の筋肉痛が再発しました。
ただ手を胸の前でクロスさせるだけでもしっかり二の腕の筋肉を使っているようです。

最後の1週間は後ろあや跳びや二重跳びを取り入れました。
最初の3分間は前跳び、次の3分間はあや跳びと後ろ跳び、最後の3分間はあや跳びと後ろあや跳び、二重跳び…などその日の体力で跳ぶ内容を決められるほどの余裕ができ始めました。

ここで1ヶ月の検証が終わり、結果は先ほど書いた通り、1.6キロのマイナスです。

初心者の縄跳びダイエットの進め方

縄跳びダイエットを始めてから1週間は“縄跳びに慣れる期間”だと思ってください。
縄を早く回す必要はありません。
ゆっくりでもいいので、引っ掛からないことを意識し、跳ぶことに集中しましょう。

2週間目は“スタミナをつける期間”です。
1週間縄跳びを跳んだことにより、スタミナが開始時に比べどんどんついてきています。
1週間目よりも少し早めに縄を回してみましょう。
きっとスタミナがついてきていますので、早めに回しても最後までやり遂げられるでしょう。

3週間目は前跳びではなく、簡単な他の跳び方を取り入れてみましょう。
駆け足跳び、後ろ跳び、片足跳びなど、いつもと違う跳び方を入れて、更にダイエットを加速させます。
初めは前跳び、と駆け足跳びを交互に行ってみるなど、自分の体調やスタミナなどと相談しながら、前跳び以外の跳び方にどんどんチャレンジしていきましょう。

4週間目は3週間目と同じく体調やスタミナを考慮し、難易度が高いあや跳びや、X(エックス)跳び二重跳び後ろ駆け足跳びなど様々な跳び方にトライしてみましょう。

新しい跳び方を追加すると、慣れていない為縄が引っ掛かりやすく、思うように跳べないかもしれませんが、そういった場合はペースを落とし、跳び方をしっかり意識しながら徐々にペースアップすることを心掛けます。

その後は3分間の縄跳びを3セットではなく、4セットや5セットにしてみるなど回数を増やしましょう。
きっと縄跳びダイエット2ヶ月目になる頃にはセット数を難なく増やせるようになっているはずです。

跳ぶ時間を3分から5分に、5分から8分に…と、どんどん伸ばしてみるのも良いでしょう。
時間を伸ばすことと同時に、最初から最後まで難易度が高めの跳び方を続けてみたり、自分のペースで運動量を増やし縄跳びダイエットを継続させてみましょう。

もちろん前跳びだけでもダイエット効果はあります。
無理に取り入れるのではなく、長期間ダイエットをすることを念頭に置くことが縄跳びダイエットを成功させるコツです。

縄跳びダイエットの口コミ

CLUB Panasonicのダイエットナビに投稿された縄跳びダイエットを体験した方の口コミを一部抜粋してご紹介します。

出典:https://club.panasonic.jp/blogs/spn/diet-way/sports/ep001.html?utm_source=club.panasonic.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=spredirector

縄跳びダイエットに成功した方からの口コミ

◆30分跳んでいたら2ヶ月で4キロ減量しました 庭で出来るので楽です。(男性 30代)

◆1日500回、友達と適度にやっていった結果、3ヶ月かけて5キロの減量に成功しました(^^)/
やはり注意する点はふくらはぎが多少太くなってしまうということと、胸が小さくなるという点です。
いろいろ試してみていますが、中でもこれはとても楽しいですよ。(女性 10代)

◆食事制限なしで1ヶ月-5キロ!!自分に相当合っていたんでしょうね。
やる前と後のストレッチを入念にすることで怪我防止とふくらはぎの筋肉のつきすぎを防げると思いますよ。(女性 20代)

◆毎日1000回縄跳びにチャレンジ中。
最初は20年振りの縄跳びで、なかなか飛べずびっくりでしたが、今ではあまり息もきれなくなり、体重も順調に減ってきています。(女性 30代)

◆エアー縄跳びやってます! 室内でもできますし思い立ったらすぐできるのがいい!
1日300回で無理なくやります!(男性 10代)

◆1日30分を2か月で7キロやせました。 ただしその間は、きちんと間食止めたり、夕飯の炭水化物ぬいたりしてましたがね。
縄跳びは今も時間のある時に続けているのですが、 やはりお菓子を止めないとこれ以上(体重は)下がらないかな~??(女性 30代)

縄跳びダイエットに失敗した方からの口コミ

◆毎日10分くらい跳んでたら、 ふくらはぎがありえないくらいにガチガチ、ムキムキに! ふとももは痩せたけど、ふくらはぎが見るも無残なくらいに太くなりすぎたんで止めました…。(女性 20代)

◆確実におなかのお肉は取れていきますが、日ごろの運動不足が祟りひざに激痛!
1ヶ月でやめてしまいました。(女性 40代)

◆子供の跳びを借りて挑戦!結果…膝に痛みが…
ストレッチの大事さを知りました…(女性 30代)

◆1分すると足が痛くなって続きませんでした。(男性 40代)

◆1年に数回「よし、やるぞ!!」と思い始めますが、毎回必ず続かない。
やっぱり、基本的に運動が苦手みたいです。(女性 30代)

みなさん様々な体験をされているようですね。

中には食べすぎてしまった翌日はいつもよりも回数を増やしてみたり、長い時間跳んでいたりする方もおられました。
その他にも食べても太りにくくなったという方や、痩せないが暴飲暴食したときも太らなくなった方、リバウンドしにくいなどといった方も見られました。

成功された方は1ヶ月に1キロ以上の体重の変化があったという意見が多く、続ける事で体型の変化も実感されている方も多くみられました。

縄跳びに余裕が出てきた方は、縄跳びダイエットと合わせて食事制限も行い減量されていました。

運動と食事は密接に関係しています。

運動ダイエットを成功させるための秘訣もありますので、もしよろしければこちらもご覧ください!

運動ダイエットを成功させるための3つの秘訣と効果のあるトレーニング5選

食事制限をするときに気を付けたい3つの大事なことと食事制限の落とし穴

逆に失敗してしまった方に多かったのが「体の一部が痛くなってしまい、止めてしまった」という意見です。
縄跳びは脚をよく使う運動の為、4で紹介したようにしっかりとした【準備運動】や【クールダウン】【跳ぶ場所を選ぶ】ことが必要です。

スポーツ用のシューズを履くことも脚への負担を軽減してくれます。
現在膝に痛みが無い方でもジャンプを連続で行うと痛めてしまう可能性がありますので、長期的に縄跳びダイエットをする場合はしっかりと準備しましょう。

そして万が一、縄跳びダイエット中に痛みが出てしまった場合はダイエットを中止しましょう。
痛みが続く場合は病院を受診してください。

終わりに

今回は縄跳びダイエットについて、アレコレ詳しく説明しました!

縄跳びダイエットは縄跳びが安価で購入でき、場所もとりません。
時間もたった10分ほどですので、誰でも手軽にダイエットを始めることができるでしょう。

日常的に運動をしていない方や、体力に自信の無い方、縄跳びが苦手な方は7で紹介した初心者向けの方法でまずは進めてみましょう。

体力やスタミナには個人差がありますので、決して無理をせず“長期間継続して縄跳びダイエットを続ける”ということを念頭に置き、ダイエットしてください。
また、口コミにもありましたが、痩せる為には最低でも数ヶ月の継続が必要です。
1週間ほどで「効果が現れないから…」といって止めてしまわないように気を付けましょう。

縄跳びダイエットを継続させるためにも、準備運動や運動後のクールダウン、筋肉痛になったときには休息することなども大切です。
跳ぶことだけではなく、そういった部分もしっかり行っていきましょう。

無理をしてしまうとモチベーションが下がってしまいダイエット自体を止めたくなってしまいますので、ダイエットを楽しむつもりで行うと良いでしょう。

手軽に始められて効果のある縄跳びダイエット!
ぜひチャレンジしてみてください♪

 

記事中で紹介したオススメの縄跳びはこちら!

 

\ SNSでシェアしよう! /

CROTHO公式ホームページ | トレーニングやダイエットなどをブログ形式でご紹介の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

CROTHO公式ホームページ | トレーニングやダイエットなどをブログ形式でご紹介の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

clearjapan

CROTHO編集部は女性に向けて本当に効果的な健康情報を配信すべく日々色々な情報を配信しています。ただ、ダイエットという視点だけではなく、しっかりとした体力づくりやかんたんにできる筋肉トレーニング、楽しく運動できるアウトドア・レジャーなども色々な視点で配信していますので、楽しくご覧ください!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 健康!正しい姿勢!ダイエット!話題のピラティスでエクササイズ

  • 今日から実践できる!簡単な方法で気になるふくらはぎを細くしよう!

  • ジョギングで効果的に痩せる方法&さらに効果が出やすくなるポイントとは

  • ストレッチ、痩身、凝り解消効果があるヨガポーズを分かりやすく5つ紹介!

関連記事

  • ストレッチ、痩身、凝り解消効果があるヨガポーズを分かりやすく5つ紹介!

  • 今の自分を認め、なりたい自分になる!シンデレラノートを付けてみよう

  • 脱マンネリ!新しい腹筋メニューを取り入れ、効果もやる気もアップ!

  • お菓子もお酒も大好き!でも痩せたい…それを叶える深田恭子ダイエット

  • 短期間で徹底的に引き締める!きゅっとしたくびれを手に入れよう!

  • 海に行けなくても自宅でも出来る!サーフィン上達トレーニング