自分らしさを追求する【意識高い系女子のための】ライフスタイルメディア
  1. TOP
  2. 産後のたるんだお腹いつ戻る?お腹の状態を知り体型を戻そう!

産後のたるんだお腹いつ戻る?お腹の状態を知り体型を戻そう!

 2018/04/02 ダイエット 美容と健康
この記事は約 5 分で読めます。 119 Views

こんにちは!
CROTHO編集局コナカです!

初産で出産を終えた方は、出産を終えるとお腹もシュッと元に戻り、体重もがくんと減ると思っていたのに想像よりも体型が元に戻っていないとショックを受けている方も多いのではないでしょうか?
産後すぐ減るのは赤ちゃんの分だけで、お腹はポッコリ膨らんだままですし、体重は5キロ程度しか落ちません。

しかもお腹は赤ちゃんが出てしまった分、張りが無くなり少し皮も余り、たるんでいませんか?

今回は出産したお腹の状態はどうなっているのか、そして産後どれくらいで妊娠前のような体型に戻るのかを説明していきたいと思います!

産後のお腹の状態は?

出産後、お腹はまだポッコリしています。
なぜならば、子宮がまだ大きいままだからです。
出産しても赤ちゃんがいた子宮は、空気の抜けた風船のように元にはすぐに戻らず、約1ヶ月かけてやっと元の大きさへ戻ります

では1ヶ月後、妊娠前に履いていたボトムスが履けるようになるでしょうか?
答えは【履けない】、もしくは【キツく感じる】方がほとんどだと思います。
なぜなら骨盤はまだ開いている状態で、こちらは1ヶ月では元に戻らないからです。

骨盤は子宮とは違い、4カ月~6ヶ月をかけて元の位置へ戻ります

産後、妊娠前のような体型を戻すためには、子宮が元の大きさへ戻る期間と、骨盤が元の位置へ戻る約半年間がかかるということになります。

体型を戻すためには

では、半年後には全員が妊娠前の体型へ戻るのでしょうか?
答えは【NO】です。

出産により開いた骨盤は元の位置へ戻ろうとはしますが、骨盤が元の状態に戻る前に太ってしまったり、骨盤が歪んでしまったり、すると体型が妊娠前のように戻らないことがあるからです。

産後は赤ちゃんのお世話をすることが多く、自宅にいる時間も多くなります。
そのために、妊娠前のように動くことが少なく、運動不足になってしまう方が多くおられます。
運動不足になると脂肪が体につきやすく、太りやすい体質になってしまいます。

さらに出産後、骨盤はとても動きやすい状態で、その間に骨盤が歪んでしまう動作ばかりをしていると骨盤は歪んだ状態のまま元へ戻り、そのまま固定されてしまうことがあります。
そうならない為にも【脚を組む】【片足に重心をかけて立つ】などという骨盤の歪みに繋がるような動作は控え、骨盤が歪まないように自分でも意識しながら過ごさなくてはいけません。

産後の過ごし方

では産後、どのように過ごすと体に良いのかというと、産後1ヶ月はまず母体の回復に努めてください。

出産はかなりの労力を使い、体にダメージを受けます。
産後1ヶ月くらいまでのことを産褥期(さんじょくき)や、産後の肥立ち(ひだち)といいますが、この時期に無理をしてしまうと後々に視力の悪化、尿漏れ、慢性腰痛などの症状が起きてしまう可能性があります

過ごし方によっては中高年になってから更年期症状が重くなってしまうこともありますので約1ヶ月間は赤ちゃんのお世話を中心に、しっかり体を休めるようにしましょう。

産褥期が終わったら、赤ちゃんを連れて散歩をしてみたり、家の中で軽いストレッチをしてみるなど、無理の無い範囲で体を動かすことから始めると、産前の体型に戻せる可能性も高まります。

産後は産褥体操をしよう

出産で体が受けたダメージを回復するために、産後すぐ始めることができる体への負担が少ない産褥体操(さんじょくたいそう)と呼ばれる簡単な体操があります。

産褥体操をすることにより体の血行が良くなり、母乳の分泌にもよい影響を与えてくれます。
運動不足の解消もなりますので、ぜひトライしてみましょう。

産褥体操は、産後の体を引き締めるために行う運動ではありません
産後の体の回復を早めるのを目的としています

産後の体は、尿道や膣を引き締める骨盤底筋が出産により緩んでしまっています。
出産による体のダメージは時間が経てば自然に回復してきますが、産褥体操をすることにより筋肉が引き締まり、血行も良くなるので何もせず過ごしているよりも体の回復を早めてくれるのです。

さらに産褥期が終わった後に、体型を戻すために運動を行う際の体の準備にもなりますので、自分の体調の良い時に、なるべく早くから始めてみると良いでしょう。

終わりに

今回は産後のお腹の状態、そして産後どれくらいで体型が戻るのかを紹介しました。

産後すぐにお腹はペタンコにはなりません。
そして、子宮は約1ヶ月、骨盤は約半年をかけ元の位置へ戻りますので現在お腹がポッコリしていたり、皮が余っていたりしても、すぐには前のように戻らないと考えておいてください。

さらに、太らないように食事に気を付けたり、骨盤が歪まないようにするなど、自分でも努力する必要があります。

産後、体調の良い日に産褥体操などを取り入れてみるなど、体を動かして徐々に体型を戻していく準備を始めましょう。
思うように体型が戻らなかった場合も諦めずに、体調の回復後は運動したり、食事に気を付けたり、産前の体型に戻せるように頑張ってみてください。

一番大切なのは、産後直後はしっかりと体を休める事です。
体調の回復を優先しながら新しい家族との生活を楽しんでください!

\ SNSでシェアしよう! /

CROTHO公式ホームページ | トレーニングやダイエットなどをブログ形式でご紹介の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

CROTHO公式ホームページ | トレーニングやダイエットなどをブログ形式でご紹介の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

clearjapan

CROTHO編集部は女性に向けて本当に効果的な健康情報を配信すべく日々色々な情報を配信しています。ただ、ダイエットという視点だけではなく、しっかりとした体力づくりやかんたんにできる筋肉トレーニング、楽しく運動できるアウトドア・レジャーなども色々な視点で配信していますので、楽しくご覧ください!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 健康!正しい姿勢!ダイエット!話題のピラティスでエクササイズ

  • 今日から実践できる!簡単な方法で気になるふくらはぎを細くしよう!

  • ジョギングで効果的に痩せる方法&さらに効果が出やすくなるポイントとは

  • ストレッチ、痩身、凝り解消効果があるヨガポーズを分かりやすく5つ紹介!

関連記事

  • 体の不調が起こりやすい更年期中のダイエット…失敗しないための方法とは

  • 初心者必見!簡単なのに効果的なヨガポーズで美BODYになろう!

  • 便秘にさよなら!便秘改善&予防方法を知ろう!

  • 太ももが痩せて見えないのはO脚が原因!ストレッチで美脚になろう!

  • 腹筋の筋トレ効果が出るまでの期間を知ってモチベーションを維持しよう

  • 今回こそは失敗したくない!おすすめダイエットスマホアプリ4選