自分らしさを追求する【意識高い系女子のための】ライフスタイルメディア
  1. TOP
  2. 日焼けしちゃった!そんな時はアフターケアで肌を守るのが美白へのカギ!

日焼けしちゃった!そんな時はアフターケアで肌を守るのが美白へのカギ!

 2018/06/08 美容と健康
この記事は約 8 分で読めます。 101 Views

こんにちは、もちこです。

前回、美白肌を守るためには、日焼け止めを塗ることの重要さをご紹介しました。
前回の記事はこちら:
日焼け止めの効果、理解して使っていますか?日焼け止めを選ぶコツ

だんだんと日中の気温も上がり、夏のレジャーも予定を立てる方も増えているのではないでしょうか。
日差しがとても強い今の時期、海やプールなどに行くと、日焼け止めを塗っていても時間が経って効果経薄れてしまったり、汗をかいて取れてしまったりすることもあるでしょう。

遊び終わって、ふと見ると肌が赤くなって日焼けしてしまったときに、日焼けした肌をそのまま放っておいて良いのでしょうか?

「良いわけない」とは思っていても、日焼け後のケア方法がわからないという方のために、今回は日焼けしてしまった後にどうするべきなのか、ケア方法やオススメ用品をご紹介したいと思います。

日焼け直後にすべきこと

「しまった~!日焼けしてしまった!赤くなってる!」

こんなセリフ、どこからか聞こえてきそうですね!
誰しもが一度はこんな気持ちになったこともあるのではないでしょうか。
「日焼け止めを塗っているから大丈夫!」など油断しているとこういったことにもなりかねません。

では、うっかり日焼けして赤くなってしまったときは、まずどうすれば良いのでしょうか?

◎日焼けした肌を冷やそう

日焼けは火傷の一種です。
日焼け後に赤くなったりヒリヒリしたりするのは、肌が炎症を起こしている状態なのです。
まずは日焼けしてしまった部位を、冷たい水で濡らしたタオルや氷水を入れたビニール袋、または保冷剤などでしばらく冷やします。

冷やすのであれば、「冷たいシャワーを浴びるもの良い」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、シャワーは水圧の調整がしにくく、肌への刺激が強すぎる場合があるので控えましょう。

◎日焼け止めを洗い流そう

日焼け止めは、UV効果が高ければ高いほど肌への負担が大きくなります。
日焼けした部位に日焼け止めを塗っていた場合は、さらに肌に負担を掛けないためにも、なるべく早く落とすことも大事です。

その際に、硬いボディタオルなどでゴシゴシ落としてはいけません。
日焼けのダメージで赤くなった肌は普段よりも敏感になっています。
クレンジングするときは、手洗いでも十分ですので、ボディーソープなどをしっかり泡を立てて優しく洗いましょう。
洗い流す際にも熱いお湯はNGです!
40度以下のぬるま湯で洗い流しましょう。

◎しっかりと保湿をしよう

紫外線を浴びた肌は、普段の何倍も乾燥している状態で、水分が不足しています。
日焼け止めを洗い落としたら、すぐにしっかりと保湿することが大切です。
その際、普段使用している化粧水などは刺激が強くてピリピリしてしまう場合があります。
出来れば敏感肌用の化粧水を使ってみましょう。
また化粧水を冷蔵庫で冷やしておくと、肌のクールダウンにも効果的でしょう。

化粧水を塗る際は、化粧水をコットンに付けて肌を叩いてしまうと逆効果です。
スプレータイプの化粧水を使ったり、100均などでも化粧水を入れるスプレーの空ボトルが販売されていますので、こういったアイテムを使ったりすることもオススメです。

◎中からも水分を補給し、体を休めよう
日焼け後の肌には、肌から直接保湿するだけではなく、内側から水分補給をすることも大切です。
ミネラルウォーターを飲む他に、後述する日焼け後の肌ダメージに有効なビタミンCなどが多く含まれたアセロラジュースや、野菜ジュースなどを飲んでも良いでしょう。

また、肌の代謝を促進するためには十分な睡眠も大切です。
寝ている間に新陳代謝は活発になるので、夜更かしをせず早寝することも、日焼けしてしまった肌の回復にはとても関係があるのです。

水分や睡眠をしっかり摂ることは、肌の疲れやダメージを取りますので、日焼け後は内側からのケアも同時に行いましょう。

オススメする日焼け後のケア用品

日焼け後の肌はとても乾燥している状態であると先述しましたが、保湿するために塗っているはずの化粧水が逆に肌に刺激を与えてしまう場合もあります。

そこで、日焼け後に【避けるべき成分】、【効果的な成分】がありますので、使用する化粧水の成分をチェックしてみましょう。

化粧品の防腐剤であるエタノールなどのアルコール成分パラベンは刺激が強いことが多いようで、敏感肌用の化粧水には配合されていない成分です。
また、日焼け直後に美白コスメを使用するのも避けた方が良いでしょう。
美白コスメは刺激が強い成分が配合されているものも多いので、「日焼けしてしまったから急いで美白しなきゃ!」と焦って使用せず、肌の状態が落ち着いてからの使用をオススメします。

赤くなっている肌を鎮静化させるには、グリチルリチン酸K2アラントインといった成分が効果的です。
こちらは肌に低刺激なので、炎症状態の肌にも安心して使うことが出来ます。

そこでオススメするのが、CROTHOで販売されているN.U.D.E ~Pre:skinという化粧水です。

こちらはスプレーボトルに入った60mlの低刺激性化粧水です。
もちろん、先ほど刺激が強いと言っていたアルコールやパラベンなどの成分は含まれていません。
60mlの小さいボトルなので、外出時カバンに入れておいても重くないのと、防腐剤が入っていないので長期間使い続けるのではなく、使いきれる大きさというところがオススメ出来るポイントです。
こちらは、顔、体の両方に使えますので顔だけではなく、日焼けしやすい首や肩、また忘れがちな頭皮などの日焼けもきちんと保湿してあげましょう。

また、赤みを抑える成分のグリチルリチン酸K2やアラントインも配合されています。
その他にも、保湿効果の高い成分で有名な、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタやコンドロイチン硫酸Naなども配合されているのも、日焼け後の乾燥した肌にはピッタリでしょう。

商品の詳細はこちらから

ちなみに、実際に私が使用した感想ですが、化粧水なのにどちらかというと使用後、肌に馴染ませた感じはしっとりした感覚です。
個人差はあるかと思いますが、肘や膝のカサカサしやすい部位も、化粧水を付けてからは日に日にカサつきがマシになってきました。
日焼け後だけでなく、日々のボディーケアにも、乾燥しやすい脚や背中などにもスプレーで気軽に保湿出来るのが良いと感じました。

また、お風呂上りなど、小さなお子さんのいる方はスキンケアも時間をかけてすることが難しい場合もあると思います。
そんなときに、シュッと一吹きして、肌に馴染ませるだけでも保湿効果がとても高いので、十分効果があるように思います。
低刺激なので、お子さんと兼用で使用できるのも良い点ではないでしょうか。

赤みが引いたら、美白を取り戻すためのアフターケアを

一度紫外線を浴びてしまった肌は、日焼け前の状態を取り戻すことが出来るのでしょうか。
答えは「NO」です。
しかし、肌への影響を少なくすることは可能だと言えます。

こちらのグラフは、肌に紫外線を1時間おきに5回照射した実験のグラフになります。
5回の照射の後には紫外線を当てずに21時間放置した数値が出ています。

美肌総合研究所から引用  http://www.ci-labo.jp/fullerene/51/

紫外線を浴びると、肌はシミやシワ、たるみの原因になる活性酸素を発生させます。
一番右を見てわかる通り、最後の照射から21時間後にも活性酸素は発生し続けているのです。
この活性酸素を何もせずに放置するということは、発生し続けているのを止めないということです。
ですから、紫外線を浴びてしまった肌には、日焼けによる肌の赤みや痛みが落ち着いた後もアフターケアが必要なのです。

すぐに美白コスメを使って「美白を取り戻したい!」という気持ちも分からなくはありませんが、美白成分は刺激が強いものが多いので、1週間程度経ってから使用する方が良いでしょう。
では、すぐに出来る紫外線ダメージを受けた肌へのスキンケア対策として、いつもの基礎化粧品にビタミンC美容液をプラスして使ってみましょう。
ビタミンCには、メラニン色素生成の抑制や、出来てしまったメラニン色素を還元して細胞を活性化させる効果があります。
その他にも、肌のターンオーバーを整えたり、色素の沈着を防いだりする効果もありますので肌の美白に効果的と言えます。
こちらも、肌に刺激を感じる場合は無理に使用するのは止めましょう。

そして、内側からのスキンケアも大切です。
必要な栄養素を食事から摂ることで、日焼けしてしまった肌の回復を早めます。
活性酸素を抑える、抗酸化作用の期待できるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは積極的に摂るよう心がけましょう。

日焼け後の肌には、体の外側と内側からケアすることが必要だということです。
肌を元の状態に近づけれることが出来るよう、肌のケアと、栄養分の摂取を意識して積極的に行いましょう。

終わりに…

今回は、うっかり日焼けしてしまい、肌が赤くなってしまったときのアフターケアをご紹介しました。

やはり夏のレジャーは屋外が多く、夢中になって遊んでいると、こまめに日焼け止めを塗ることを忘れがちになってしまうことが多いかと思われます。
日焼けしてしまった肌は、日焼けをなかったことには出来ませんが、その後のケアをするかしないかで、将来の自分の肌が変わると言っても過言ではないでしょう。

しっかり日焼け止めを塗り、対策するのが一番良いと言えますが、もし日焼けしてしまったら、きちんとアフターケアをして将来の肌を自分で守ってあげましょう!

 
 

記事中で紹介したオススメ日焼け後ケア用品

\ SNSでシェアしよう! /

CROTHO公式ホームページ | トレーニングやダイエットなどをブログ形式でご紹介の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

CROTHO公式ホームページ | トレーニングやダイエットなどをブログ形式でご紹介の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

clearjapan

CROTHO編集部は女性に向けて本当に効果的な健康情報を配信すべく日々色々な情報を配信しています。ただ、ダイエットという視点だけではなく、しっかりとした体力づくりやかんたんにできる筋肉トレーニング、楽しく運動できるアウトドア・レジャーなども色々な視点で配信していますので、楽しくご覧ください!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 健康!正しい姿勢!ダイエット!話題のピラティスでエクササイズ

  • 今日から実践できる!簡単な方法で気になるふくらはぎを細くしよう!

  • ジョギングで効果的に痩せる方法&さらに効果が出やすくなるポイントとは

  • ストレッチ、痩身、凝り解消効果があるヨガポーズを分かりやすく5つ紹介!

関連記事

  • 3秒押すだけ!隙間時間に腰痛に効くツボを押して、痛みを和らげよう

  • 夏バテも解消!質の高い睡眠で体の疲れを癒そう!

  • 便秘にさよなら!便秘改善&予防方法を知ろう!

  • 勘違いしてはダメ!腰痛コルセットを巻けば治るわけではないんです!

  • 自宅で?教室で?初心者でも大丈夫!気になるヨガ体験をしてみよう!

  • ココが違った!ダイエットに成功する人、しない人の違いをズバッと大解説