自分らしさを追求する【意識高い系女子のための】ライフスタイルメディア
  1. TOP
  2. あなたのお尻にもあるかも!?お尻にセルライトがつきやすい生活スタイル

あなたのお尻にもあるかも!?お尻にセルライトがつきやすい生活スタイル

 2018/02/06 ダイエット 美容と健康
この記事は約 5 分で読めます。 143 Views

こんにちは、CROTHO編集局です!

自分では見ることが難しいお尻ですが、あなたのお尻…セルライトはついていませんか?
お尻はセルライトが付きやすい部分ですが、普段見る機会が少ないため、意外と気にしていない方が多くいらっしゃいます。

今回はセルライトとは何か、セルライトが付きやすい生活スタイルを紹介していきたいと思います。

あなたのセルライト危険度は?

セルライトとは簡単に説明すると、皮膚の下で脂肪細胞や水分、廃物が接着し、塊となった状態の事をさします。
全身にセルライトは作られますが特に脂肪が多い部分(ふとももやお尻)に出来やすく、みなさんも一度は自分のセルライトを見たことがあるかもしれません。

上の画像のように手で強く掴むとデコボコとした塊が皮膚の内側にできますが、これがセルライトと呼ばれているものです。
セルライトは10代前半から作られ始め、そして加齢、血行不良、体重の増加など様々な要因により増えていきます

ここで簡単なチェックをしてみましょう。

あなたのセルライト危険度は?

危険度1 つまむとセルライトが見える状態。脂肪に水分や老廃物が癒着してきています。そのままにしておくと次々にセルライトが作られていきます。
危険度2 皮膚を引き延ばすとセルライトが見える状態。危険度1よりもさらに水分や老廃物の癒着が進み、セルライトが大きくなってきている状態です。
危険度3 常にセルライトがでてしまっている状態。肥大化したセルライト同士がくっつき、さらにその周りをコラーゲンが包み込み、ひと塊にしている状態です。

体の部位によりセルライトの危険度は変わってきます。
例えば、太ももが危険度1だからといって、全ての脂肪が危険度1の状態ではありません。

さらに痩せているからセルライトが無かったり、少なかったりするわけではありません
細くてもセルライトの危険度3の方はいらっしゃいます。

では次は、どのような生活をしていたらセルライトが出来やすいのかを解説していきます。

2、 セルライトのできやすい生活スタイルとは?

日常で何気なく行っている行動が、セルライトの増加につながります。
あてはまる行動が多い方は要注意です!

甘いものをよく食べている

甘いもの…特にケーキ等の洋菓子やお菓子には脂肪分が多く含まれています。
脂肪分が多い食事ばかりしていると血中コレステロールが体内で増えていきます。
コレステロールが増えると肥満の原因にもなってしまい、血行が悪くなるのでセルライトが増えていきます。
生活するために脂肪分は必要ですが、摂取過多になっている場合、セルライトが作られる原因になります。

日常的に喫煙している

タバコにはニコチンが含まれていますが、ニコチンは血管を収縮させてしまう効果があります。
委縮した血管は血行やリンパの流れを悪くしてしまうといわれています。
セルライトの元となる老廃物や水分はリンパを通って排出されますが、それの流れが悪くなってしまうと、本来排出されるはずだった老廃物や水分が排出されず、体内でセルライトが作られやすくなってしまうのです。

立っている事が多い

日中立ちっぱなしの状態が多いと、セルライトが作られやすいといわれています。
理由として、人は心臓がポンプのような働きをして血液を体内に循環させているのですが、足やお尻は心臓からも遠く、さらに重力の影響もありどうしても血行が悪くなってしまいます。
血行が悪いとむくみの原因となり、余分に体内に滞った水分や老廃物は癒着し、セルライトの原因になってしまいます。

ストレスが溜まっている

人はストレスを感じるとコルチゾールというストレスホルモンが分泌されます。
コルチゾールはとても嫌な性質をもっており、コルチゾールが増え続けると筋肉を形成するタンパク質が減少してしまいます。
タンパク質が減少してしまうと段々筋肉が衰え始めます。
更にコルチゾールは脂肪燃焼の手助けをしてくれる成長ホルモンの生成も阻害してしまいます。

ストレスを感じているという事は、それだけで体内に余分な脂肪が体内へ蓄積され続け、その脂肪が元となりセルライトが作られる原因を作ってしまっている事になります。

睡眠不足になっている

あまり関係がないと思われがちですが、睡眠不足はセルライトを作る原因にもなります。
寝不足が続くと自律神経が乱れてきて代謝機能が低下してきます。

脂肪細胞は血管に流れていき排出されるのですが、代謝が悪いと脂肪細胞が流れず体内へとどまってしまいます。
とどまった脂肪細胞はやがて水分や老廃物と癒着を始め、セルライトになってしまいます。
そうしてできてしまったセルライトが血管を圧迫し、脂肪細胞が更に流れにくくなるという悪循環が生まれます。

終わりに

いかがだったでしょうか?
セルライトができやすい生活を無意識にしていませんでしたか?

セルライトは一度できてしまうと中々元に戻すことができません。
大きなセルライトになると、自力では解消できない場合もあります。

セルライトが無い体は痩せやすい、体型維持しやすいというメリットがありますので、できる事から生活を改善し、セルライトが作られにくい体を目指しましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

CROTHO公式ホームページ | トレーニングやダイエットなどをブログ形式でご紹介の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

CROTHO公式ホームページ | トレーニングやダイエットなどをブログ形式でご紹介の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

clearjapan

CROTHO編集部は女性に向けて本当に効果的な健康情報を配信すべく日々色々な情報を配信しています。ただ、ダイエットという視点だけではなく、しっかりとした体力づくりやかんたんにできる筋肉トレーニング、楽しく運動できるアウトドア・レジャーなども色々な視点で配信していますので、楽しくご覧ください!

この人が書いた記事  記事一覧

  • 健康!正しい姿勢!ダイエット!話題のピラティスでエクササイズ

  • 今日から実践できる!簡単な方法で気になるふくらはぎを細くしよう!

  • ジョギングで効果的に痩せる方法&さらに効果が出やすくなるポイントとは

  • ストレッチ、痩身、凝り解消効果があるヨガポーズを分かりやすく5つ紹介!

関連記事

  • 筋トレ初心者必見!腹筋をして腰痛になってしまう理由はコレだった!

  • 初心者必見!簡単なのに効果的なヨガポーズで美BODYになろう!

  • 生理中腰痛にさよならしよう!痛みの改善&緩和方法を分かりやすく解説!

  • 筋膜リリースで脱・不健康体!肩こり腰痛など体の不調を改善しよう!

  • 便秘にさよなら!便秘改善&予防方法を知ろう!

  • 筋トレ見た目美人にダイエットを試みる女性こそ筋トレをやってみよう!